オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
September 2014
M T W T F S S
« Jul    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

postheadericon 情報収集

Sample ALT

最も大変なのは経費の計上で、計算の仕方や経費として利用できるものをしっかり聞いておくことです。
鉛筆や消しゴムなども経費にできますが、消耗品とするのか備品とするのかで問題も変わってきます。
さらに、減価償却費なども学んでおくと会社内の会計をより上手く回せるようになるので、会計士や税理士にいちいち相談しないで済むようにしておくとよいでしょう。

インターネット上の情報だけでは信ぴょう性に欠けるので、しっかりと専門家に話を聞いておき、安全に会計処理ができるようにするとよいでしょう。
特に申告漏れやミスがあるとかなり問題になるので十分注意して、情報収集ができる時にしっかりと情報を得ておくとよいでしょう。
行政の相談サービスなどはできるだけ多く活用しておくとよいでしょう。

postheadericon 確定申告

Sample ALT

税理士や会計士は無料で実施することで、事務所の宣伝にもなりますので、毎年のように無料相談要因として活躍する先生もいるようです。
このように無料相談を利用し、書き方の説明を受け、自分で作成している人もいます。
その他の方法としては、青色申告会に加入し、相談する方法です。

青色申告会は加入するのにお金がかかりますが、税理士に依頼するよりははるかに安いでしょう。
帳簿などの記帳の仕方なども丁寧に教えてくれるので大変便利です。
事業を始め初年度の確定申告は大変なことも多いと思いますが、税理士、会計士に頼らず自分で確定申告書を作成している人も多いのです。
自分でやればお金はかかりませんし、万が一税務署から申告の内容について聞かれても、きちんと説明できるのではないでしょうか。

postheadericon 税理士相談のコツ

Sample ALT

税理士への相談は一般的にお金がかかるものですが、個人事業や法人設立をした後などは行政などのサービスで無料で税理士相談や会計士相談が受けられるようになっています。
自治体によってはかなりの回数アドバイスがもらえるので無料で教えてもらえる範囲でしっかりと情報を引き出せるようにしておくとよいでしょう。

とくに会計処理だけではなく、節税でどこまでやってよいかを聞いておくとその後の税理士や会計士に支払う金額を節約できます。
税理士や会計士に相談をするときにはほとんどの会計知識がないのが前提ですが、ある程度自分自身で経験しておけば無駄なく対応でき、節税の話がスムーズにできるのでチャンスを有効利用できます。